ハワイのダイビング情報満載。グランブルーホームページ

ブローホール

ビーチダイビング
場所:ハワイ オアフ島
サンディービーチ
深度:6m〜15m
中級者
ダイビング写真ハナウマ湾を過ぎサンディービーチの手前に、観光名所で潮吹き岩として有名なブローホールがある。一年を通してハワイ諸島周辺で吹く、貿易風(東よりの風)の影響で海は荒れている日が多く、年間を通じて一般ダイバーが潜れる日は限られている。オアフ島全域でオフシーズンになる冬場が、風が不安定でオフショアになる西よりの風が吹くことがあるので、潜れる日が多少増えてくる。エントリーはビーチまで崖を降りて行かねばならないが、足場はしっかりしているので危険ではないが、足腰に自信のあるダイバーの方が有利。ダイビング写真エントリー自体は砂浜から入って行くので楽なのだが、風向きがよくないとオンショアの波が次々と来るので、波に負けない技術が必要。エントリーポイントにたどり着くまでの行程や、エントリーして沖に出るまでは多少困難だが、潜ってしまえば穏やかで、透明度は抜群によいのでさほど難しくはないが、時に流れが強いときがあるので注意が必要。その日の風の状況に敏感に反応してしまうので、地元のダイバーの情報が重要になってくる。水中の地形は、高低差10m程の山のようなリーフが何個かあり、その表面ダイビング写真はサンゴで覆われている。リーフの裏側には洞穴や切れ目があり、ホウセキキントキやアカマツカサのように、暗い場所が好きなさかながいて、アオウミガメが休憩をしている。本来数が少なく、あまりで合うことの少ないアキレスタンは、ハワイとオセアニア周辺にしか生息していない貴重なさかなだが、ここに潜れば見ることが出来る。他にもハワイの固有種でとても珍しいギンポの一種のスカーフェイスブレニー。ハワイでは数の少ないセグロチョウチョウウオ、ミノカサゴの一種でハワイ固有のハワイアンライオンフィッシュにも出会うことが出来る。