ハワイのダイビング情報満載。グランブルーホームページ

キャニオン

ボートダイビング
場所:ハワイ オアフ島
ワイキキ沖
深度:10〜12m
初心者からOK
ダイビング写真ワイキキハレクラニホテルの沖合。ダイアモンドヘッドの内側で、流れはあまりなく透明度も良いので、初心者でも安心してダイビングを楽しむことが出来る。但し、7月〜9月はサマースエル(サーフ シーズン)にあたるので要チェック。通常2〜3日でコンディションは回復する。 リーフは陸から沖に向かって長細く突き出し、海底との高低さは2〜3mある。リーフを何本か越えながらダイビングする。リーフの下はレッジになっていて大きくえぐれている。暗闇を好むエビやマツカサウオなどが潜んでいるので、じっくり観察してほしい。海に飛び込み間もなく、カメが優ダイビング写真雅に泳ぐ姿が目もの前に現れる。しかし慌てて追い掛け回すのは禁物。追えば逃げるカメだけにあらず世の中の常識。チャンスは1度や2度ではない。時にはカメのオンパレード。ここのカメはダイバーと遭遇したからといって、一目散に逃げ出したりはしない。ハワイでは多くの動物が保護されていてアオウミガメも例外ではなく、オリエンテーションのときに、水中同生物に対しての接し方は充分に説明をしている。カメはダイバーが害を与えないということは学習している。それにカメをいじダイビング写真めたら、ハワイ州政府より罰金が課せられるのでご注意を。カメに近ずくには後ろから追わず、横に並び同じスピードで泳ぎ、少しずつ間合いをつめ、逃げる素振りを見せたらそれ以上間合いを詰めず、しばらく平行に泳ぎまた間合いを詰めていく。フォト派ダイバーなら1匹のカメでフィルム1本使い切るほどじっくりと、いろいろなアングルで撮影出来ること間違えなし。