ハワイのダイビング情報満載。グランブルーホームページ

ケワロ

ボートダイビング
場所:ハワイ オアフ島
ケワロ湾沖
深度:12〜15m
初心者からOK
ダイビング写真ケワロボートハーバーを出て200m沖、カカアコパークのすぐ前。初心者でも安心して楽しむことが出来るポイント。但し、7月〜9月はサマースエル(サーフ シーズン)にあたるので要チェック。通常2〜3日でコンディションは回復する。 このポイントは深度がさほど深くないわりにはだいぶ沖合いにあり、他のポイントと比べ波による影響が受けにくく、多少波があっても透明度は良い。北から南に向かって細長いリーフが3本、第1と第2リーフは隣り合わせで途中交差しまた離れる。リーフの始まり付近では三ツ星スズメダイに似たハワイアダイビング写真ンダッシラス(固有種)やミレッドシードバタフライフィッシュ(固有種)が群れをなし。やや高めのリーフの下は窪みになっていて、アカマツカサの群れやホウセキキントキなどの、岩陰を好む魚たちがいる。沖に向かいリーフと探索していくと、第1リーフと第2リーフの交差地点付近でフレームエンジェル(写真左)と出会うことが出来る。動きが早く岩陰を出たり入ったりしているので、視野を広く持ち観察しないと見逃してしまう。フレームエンジェルは固有種ではないが、他の地域の物と比べ赤色が非常に濃いのが特徴。乱獲により数が少なくなり、現在はほとんどで合うことのない貴重な存在になっている。
ダイビング写真この辺りからサンゴの密集度が高くなり、透明度も抜群に良くなってくる。そんな時ちょっと奇妙な光景が目に入る。「サンゴがビン食べている?」実際には何かの拍子に水中に沈んだビンの回りを、覆い被さるようにしてサンゴが成長しているのだろう。第3リーフは少し離れていて途中は砂地。ボートの通り道(ボートチャンネル)に近いので浮上厳禁!このリーフが1番魚影が濃くヨスジフエダイ、ミレッドシードバタフライフィッシュ、ドミノダムゾー、アカマツカサ、アカヒメジ、etc....時にはホワイトチップシャークの赤ちゃんが穴の中で体をやすめていたりする。しかし、ここまで泳いでくるとかなり時間が掛かり、じっくり観察するのがむずかしくなる。